脱毛サロンのエステシャン実は有能な営業マン?

20130117135848-32
脱毛は、2ヶ月に一度程度通うことになります。エステなどでは、大手のきれい目のビルで、大人数のスタッフがいるところばかりではなく、こじんまりとしたスタッフもいないところもあります。大きなところも小さなところも施術そのものは個室で一対一で行うこともあります。

そして、担当者が決まっていつも同じ方に施術してもらうことで、親近感もわき、普通に世間話もしていて親しくなってしまう事もあります。そんな時、なんとなく知り合いになって勧誘を掛けてくることもあります。やってみませんか?ではなく、やってみない?と言う声掛けで、いい関係が構築されていたところにこの勧誘はあまり良いことではない場合もあります。
関係を保つために良い返事をなければならないと言う防御機能も働くことになりますが、何しろお金が絡むことです。サービスでいろいろ行ってくれるのは大歓迎ですが、施術の勧誘では出費がかさむことになります。小さなところではサービスしておくからということにもなり、なんとなく断れない雰囲気も出してきます。そんな嫌な感じになってしまう勧誘の場合、そのエステシャンとの関係は解消することをオススメします。

それはそれ、これはこれという線引をつけることは大切で、仲良くなったとしても、それ誘いには乗らないよ、とハッキリいうことです。しかし、エステシャンも多くの方を勧誘している場合があり、あの手この手が誘ってきます。エステシャンの個人攻撃には、心して対抗することです。