脱毛サロンのトラブル契約破棄をしたいと思った時

脱毛は、そのエステ等の内容はホームページなどでも紹介されていますが、実際のカウンセリングを受けてみなくては本当のところは分かりません。
痛くないとか短時間と言っても、具体的な感じを知るためには、お試しなどを行う必要があります。

そこでは、言われるままにお試しをしていくことになり、納得できる施術であれば、料金などと勘案して契約になります。
しかし、少し考えたいとか、やっぱりしないということであれば、断っても良いです。
最近は、ここではいそうですかと帰してくれる場合もありますが、未だに勧誘もあります。
理由をいろいろ付けて、褒めあげて契約させようとすることがあります。
いわゆる勧誘の手口はいろいろですが、やめようとする方を引き止めることです。

また、簡単なコースで良いのに、全身脱毛を勧めてきたり、ここもしたほうが良いと言ってくることあります。
意志が弱い方、比較的優しい方などは、ここでついうっかり返事をしてしまって契約をすることもあります。
それで跡からでも納得したら良いのですが、よくよく考えるとやはり辞めたいという時には、すぐに連絡をしてください。

できません、という場合は、クーリングオフの手続きに入ってください。
一応条件があり、長期間の施術でなければクーリングオフは有効にならないのですが、もし適用できるのではあれば、すぐに手続きをしましょう。
できない場合は、契約のまま施術を続けるか、しつこく契約破棄を頑張るのも手です。