VIO脱毛のアフターケア ポイントは刺激と保湿です

VIO脱毛をエステやクリニックで行った場合のアフターケアは、必ず指示があります。
それに従うのがベターです。
一般的に、VIO脱毛した後の肌は、刺激を与えられ、敏感になっていて、代謝が良くなっています。
エステなどでは、施術当日は
「湯船に浸からないでください」
「ゴシゴシこすらないでください」
と言われることが多いようです。
湯船は結構を良くすることで、血液の流れがよくなりすぎて、痛みを感じることがあります。
医療レーザーなどの場合、軽い火傷の様になっていることがあります。
ですから、シャワーなどでも刺激を与えない、肌をいたわることを第一に考えてください。
軽く洗う、これがポイントになります。

そして、トイレですが、ウォシュレットなどがあると良いですね。
その時も水圧は低くしてください。
VIO脱毛のOの部分に刺激をあまり与えないことです。
そして、とても大切なことですが、VIO脱毛の施術前は便秘にならないことです。
これは、力むことで自然と肛門に力が入ってしまいます。
アフターケアとして、この力む行為は良くないことですから、数日前からお通じを良くして、脱毛後はスムーズな排便ができるよう工夫してください。

そして、脱毛後にかならずして欲しいのが保湿です。
刺激のないクリームを使い、VIOのI以外の部位を優しく塗りこみます。
ただそれだけでOKで、あとは普通に下着を付けておけば良いでしょう。
スキンケア用品を揃えることもありませんが、あまり刺激を与えることがないVIOI光やレーザーを当てたあとですから、優しい対応をしておくだけで良いのです。

エステなどでVIO脱毛以外のアフターケアとしては、ゆったりとしてくれるのですが、流石にVIOアフターケアをきちんと行うのは大変なことです。
ですから、一応は自分で最低限のことは行っておきましょう。
せっかくキレイに脱毛をしたのに、肌が黒ずんだり、汚くなってしまうこともあります。
脱毛しなければあまり気にかけない部位ですが、脱毛を機会にケアをする大切を知ることができます。