愛用者が多い、アンダーヘアヒートカッターを検証

アンダーヘアの処理用アイテム、アンダーヘアヒートカッターをご存知ですか?
用途が用途なだけに、なかなか「私、使ってる!」と公言する人は少ないのですが、長い間売れ続けている隠れたヒット商品です。

人気があると聞けば、気になりますよね。
そこで、ヒートカッターの魅力、使い方についてみていきましょう。

ヒートカッターって?

さまざまなメーカーから発売されているヒートカッターですが、原理はどれも同じです。
アンダーヘアを熱で焼き切って、長さを調整するものです。

コーム型になった先端をヘアにセットし、コームの根元にあるヒーターで焼き切るのが、一般的なタイプです。

熱で焼き切る理由

アンダーヘアは、全身の毛の中でも、かなり太くて硬いですよね。
ハサミやカミソリで処理をして、チクチクと肌に刺さったり、下着からピンと飛び出てしまったり、という経験をした人も多いでしょう。

細い毛先であれば皮膚や下着に刺さることはないのですが、鋭利な刃物で切り落とされた断面は太くて強いので、お肌を傷つけたり、繊維の隙間から飛び出たりしてしまうのです。

ところが、熱で焼き切ると、先端が細く弱くなるので、こうしたトラブルは起こりにくくなります。
でも、お線香やライターを使ってアンダーヘアを焼くのは、危険ですし長さのコントロールが難しいですよね。

そこで、ヘアヒートカッターの出番となります。

ヒートカッターを使った処理の方法

まず、アンダーヘアをどのくらいの長さに調整するかを決めます。
下着や水着を着用してみて、はみ出さない長さを確認してください。

次に、ヘアヒートカッターの電源を入れます。
適温になるまで少し時間がかかりますので、あわてずに待ちましょう。

そして少しずつヘアをつまみ、コーム部分に通します。
一度にたくさん処理をしようとすると、きれいに焼き切れないことがありますので、少量ずつ丁寧にカットしていきましょう。

毛を焼くにおいが出ますので、気になる人はよく換気をしてください。

ヒートカッターを使う際の注意点

さまざまな種類のヒートカッターが出回っていますが、評判やレヴューをチェックし、信頼できるもの、自分が使いやすそうなものを購入しましょう。
値段の安さではなく、品質で選んでくださいね。

熱線が直接お肌に当たらない安全設計のものが多いですが、間違った使い方をすると危険ですので、まずは取り扱い説明書をよく読みましょう。
デリケートゾーンに使われるものですから、正しい使い方をしっかり確認して、事故のないように気をつけてください。

使用する際には、毎回動作確認をし、故障がないかチェックしましょう。
少しでも「おかしいな」と思うことがあれば、使用を中止し、メーカーに問い合わせてください。

焼いてアンダーヘアを処理する方法は、お相撲の世界でも昔から行われている、古典的で有効な手段です。
それをヒートカッターで手軽にできるのは、嬉しいことですよね。

刃物でカットするよりは少し処理時間がかかりますが、処理後の快適さは大違いです。
チクチクが気になる人は、ぜひ使ってみてくださいね。