アンダーヘアの長さを揃えたい時と脱毛サロンのメリット

アンダーヘアの毛をカットするには、はさみ、ヒートカッター、シェーバーなどを使用します。
最近、脱毛サロンなどでは、アンダーヘアのことはVIOラインと呼びます。
Vラインはだいたいわかるのですが、Iラインは女性の割れ目部分の両脇、Oラインは肛門周りの毛を指します。

たいてい自分で行うアンダーヘアというと、Vラインのみの部分が多いです。

・はさみ
アンダーヘアの長さを決めて切るのは一番手軽です。
肌を傷つけることなく、キレイな三角のデザインも作れます。
慣れるまでは長さも揃わないのですが、肌につけなければ危険がないのが良いですね。

ただ、切り口が鋭角になります。
肌がチクチクしたり、下着や水着の繊維から毛が突き出ます。

・ヒートカッター
コームに熱線がついたものです。
アンダーヘアに当てて焼き切りますが、肌についたら火傷します。

毛を焼き切ると先端が丸まって、チクチク感がなくなります。
陰毛でチクチク感がないことは快適ですね。

ヒートカッターの場合、少しずつの範囲しかできないことと、長さが一定にならないなどのデメリットもあります。

・シェーバー
比較的安全に長さも一定にできやすいでしょう。
ただし、毛先が鋭角になりチクチク感はあります。

もし、アンダーヘアの脱毛をカミソリでしたい方にとっては、シェーバーをオススメします。
ある程度の毛量がある方、毛質が硬い、あまりの多さに玉毛になっている方でも、シェーバーなら安全に剃ることができます。

女性にとって、Vラインのムダ毛の手入れは、きちんとやっておきたい部位です。
人の意見を聞く機会も少ないことから、他人のことは気になります。

Vラインしかできないと言いましたが、IOラインを含むVIOラインを自宅で行いたい方には、ブラジリアンワックスをオススメします。
毛を剃るというのではなく、剥がす方法ですが、安全でキレイにパイパンになるだけではなく、肌を傷つける(刃による)ことがないです。

ある程度経験をしていくと、上手にできるようになりますが、コレでバッチリVIOライン、アンダーヘアの手入れの心配がなくなります。

そして、一番オススメしたいのが、脱毛サロンです。
Vラインなら、10回程度の施術によって、発毛を抑止し、その後の手入れがずっと楽になるばかりではなくなります。
また、アンダーヘアの長さだけではなく、デザインして欲しい方も脱毛サロンで相談してみてください。

刃物を当てるのが怖いという方は、除毛クリームも良いですね。
最近は、肌に優しいクリームも多いですよ。