デリケートゾーン臭いを解消したある対策について!薬は無しで

デリケートゾーンのにおいの改善方法と自己診断方法をご紹介します。
その対策として、便所に行った時に行います。

用意するものは、
・トイレットペーパー
・下着
・おりものシート
です。

トイレで用をした時に、トイレットペーパーで拭くのではなく、乾燥をさせてから、下着をつけます。
温風で30秒、自然乾燥で1分程度です。
では、用意したトイレットペーパーは何に使うか?というと、乾燥したかどうかの確認のためです。

においがパンツやズボンにうつらないようにおりものシートを使用します。
これは1回ずつ変えます。
そして、臭いが気になる場合は、おりものシートの上にトイレットペーパーを敷く方法もあります。
途中で、パンツににおいが付いていると感じた時には、下着も変えます。

この方法は、実際にデリケートゾーンの臭いを解消するため、粘り強く続けた方の方法です。
一日何度も下着を変えるのですが、会社でも行ったそうです。

婦人科に行くのは恥ずかしいし、石鹸で自分なりに洗浄してもなかなか匂いがなくならないので、このような方法を考えたようです。
口コミどおり行った方で、デリケートゾーンの臭いが気にならなくなった方も多いです。

彼氏の協力も必要です。
性行為後の場合、おりものが多くなることもあります。
性病があるときには、とんでもないことですが、病気が疑われるときには、絶対に婦人科に行き、正しい治療を行い、膣は洗い過ぎない事です。
その他の解消法はこちらhttp://www.vaipm.org/
また、生理の時の鉄臭に関しては、誰でもあることです。
あまり神経質になることないようにしましょう。
気の使いすぎがかえって、大したことのない臭いを強く感じる事になります。