アンダーヘア処理のカミソリ使用の限界点

アンダーヘアの、Vライン部位をカミソリで手入れするという女性は、今も多くいると思われます。簡単にできますし、費用もほとんどかかりません。しかしいくつかの問題点もあるのです。刃物を使うのは、なれていても危険です。またカミソリが繰り返し当たる部位は肌が痛むうえ黒ずみの原因になります。しかも周期的に同じ手入れを繰り返さなくてはならないのも厄介です。また繰り返し剃るうちに、アンダーヘアが太くなって剛毛化するという事もあり得るかも知れません。

今日では、その問題を解決するためにエステティックサロンや美容医療業者がアンダーヘア脱毛の各メニューを提案しています。光方式やレーザー方式を用いて、毛根の黒い部分に光を照射し、脱毛を促すという手法です。2〜3か月おきにこの施術を繰り返すと、毛母細胞は再発毛能力を失っていきます。Vラインにおいては、ほぼ任意の形にアンダーヘアを残すことができ、美意識の点でもメリットがあるでしょう。そして自分ではなかなか手入れのできないIラインやOラインの脱毛処理を行うと、陰部の蒸れに由来する不快や、トイレの後の下着汚れや臭い移りなどを軽減することができ、快適度が非常に向上します。今日では口コミサイトなどでユーザーの好意的なレビューがたくさん見られますし、美容業者の側でも無料カウンセリングを行ったり、企業努力や技術革新でコストを少しずつ下げてきています。

アンダーヘアの処理は、自宅でハサミとカミソリとで行う、という常識は、プロの手に任せて美意識と快適性を満足させる、という選択肢にとって変わられつつあります。