カテゴリー別アーカイブ: アンダーヘアの処理の方法

アンダーヘアの長さを揃えたい時と脱毛サロンのメリット

アンダーヘアの毛をカットするには、はさみ、ヒートカッター、シェーバーなどを使用します。
最近、脱毛サロンなどでは、アンダーヘアのことはVIOラインと呼びます。
Vラインはだいたいわかるのですが、Iラインは女性の割れ目部分の両脇、Oラインは肛門周りの毛を指します。

たいてい自分で行うアンダーヘアというと、Vラインのみの部分が多いです。

・はさみ
アンダーヘアの長さを決めて切るのは一番手軽です。
肌を傷つけることなく、キレイな三角のデザインも作れます。
慣れるまでは長さも揃わないのですが、肌につけなければ危険がないのが良いですね。

ただ、切り口が鋭角になります。
肌がチクチクしたり、下着や水着の繊維から毛が突き出ます。

・ヒートカッター
コームに熱線がついたものです。
アンダーヘアに当てて焼き切りますが、肌についたら火傷します。

毛を焼き切ると先端が丸まって、チクチク感がなくなります。
陰毛でチクチク感がないことは快適ですね。

ヒートカッターの場合、少しずつの範囲しかできないことと、長さが一定にならないなどのデメリットもあります。

・シェーバー
比較的安全に長さも一定にできやすいでしょう。
ただし、毛先が鋭角になりチクチク感はあります。

もし、アンダーヘアの脱毛をカミソリでしたい方にとっては、シェーバーをオススメします。
ある程度の毛量がある方、毛質が硬い、あまりの多さに玉毛になっている方でも、シェーバーなら安全に剃ることができます。

女性にとって、Vラインのムダ毛の手入れは、きちんとやっておきたい部位です。
人の意見を聞く機会も少ないことから、他人のことは気になります。

Vラインしかできないと言いましたが、IOラインを含むVIOラインを自宅で行いたい方には、ブラジリアンワックスをオススメします。
毛を剃るというのではなく、剥がす方法ですが、安全でキレイにパイパンになるだけではなく、肌を傷つける(刃による)ことがないです。

ある程度経験をしていくと、上手にできるようになりますが、コレでバッチリVIOライン、アンダーヘアの手入れの心配がなくなります。

そして、一番オススメしたいのが、脱毛サロンです。
Vラインなら、10回程度の施術によって、発毛を抑止し、その後の手入れがずっと楽になるばかりではなくなります。
また、アンダーヘアの長さだけではなく、デザインして欲しい方も脱毛サロンで相談してみてください。

刃物を当てるのが怖いという方は、除毛クリームも良いですね。
最近は、肌に優しいクリームも多いですよ。

アンダーヘア処理のカミソリ使用の限界点

アンダーヘアの、Vライン部位をカミソリで手入れするという女性は、今も多くいると思われます。簡単にできますし、費用もほとんどかかりません。しかしいくつかの問題点もあるのです。刃物を使うのは、なれていても危険です。またカミソリが繰り返し当たる部位は肌が痛むうえ黒ずみの原因になります。しかも周期的に同じ手入れを繰り返さなくてはならないのも厄介です。また繰り返し剃るうちに、アンダーヘアが太くなって剛毛化するという事もあり得るかも知れません。

今日では、その問題を解決するためにエステティックサロンや美容医療業者がアンダーヘア脱毛の各メニューを提案しています。光方式やレーザー方式を用いて、毛根の黒い部分に光を照射し、脱毛を促すという手法です。2〜3か月おきにこの施術を繰り返すと、毛母細胞は再発毛能力を失っていきます。Vラインにおいては、ほぼ任意の形にアンダーヘアを残すことができ、美意識の点でもメリットがあるでしょう。そして自分ではなかなか手入れのできないIラインやOラインの脱毛処理を行うと、陰部の蒸れに由来する不快や、トイレの後の下着汚れや臭い移りなどを軽減することができ、快適度が非常に向上します。今日では口コミサイトなどでユーザーの好意的なレビューがたくさん見られますし、美容業者の側でも無料カウンセリングを行ったり、企業努力や技術革新でコストを少しずつ下げてきています。

アンダーヘアの処理は、自宅でハサミとカミソリとで行う、という常識は、プロの手に任せて美意識と快適性を満足させる、という選択肢にとって変わられつつあります。

気になる男性のアンダーヘア手入れ方法とは?

近年、エステサロンの増加により脱毛などたらだの手入れをするひとが増えてきました。
エステサロンの利用は未だ女性が多いようですが、男性だって体のお手入れは気になるもの。
とりわけアンダーヘアなどは、みなさんどのように手入れしているのか気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな男性のアンダーヘアの手入れ方法についてご紹介していきます。

アンダーヘアを手入れするメリットとは?

そもそも、男性はどうしてアンダーヘアを手入れするのでしょう。
それには幾つかの理由があるようです。ひとつずつ見ていきましょう。

まず、「排泄時など陰茎に毛が絡まらなくなるから」というものです。
これは、男性は日頃から悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そして二つ目の理由は、「蒸れなくなるので臭いが軽減される」というものです。
毛深かったりするとパンツのなかって、結構ムレるんですよね。
通気性のいいパンツを使うという手もありますが、手入れをして改善した方がスッキリしますよね。

他にも、異性とのいざという時のためだったり、水着からはみ出さないためなどの理由があるようです。

色々なアンダーヘアの手入れ方法

シェーバー・カミソリで剃る

一番簡単で手頃にできるのがこの方法。
自宅にあるもので手入れできるためお手軽です。
しかし、カミソリの刃に負けてしまう方はシェービング剤を使うなど注意がひつようです。

脱毛クリーム

カミソリの刃にまけてしまう方にオススメできるのがこの方法です。
脱毛クリームは局部にぬるだけで毛を溶かしてくれます。
値段は3,000円前後と少々高くなりますが、脱毛後の持続性もあるのでオススメできる手入れ方法です。

クリニックでレーザー脱毛

レーザー脱毛は脱毛に使う機械が医療従事者しか取り扱うことができないため、病院でしか受けられないというデメリットがあります。
その反面、脱毛後は医師に相談ができるなどアフターケアに関しては安心できます。
今では家庭用のレーザー脱毛機も販売されているようです。

アンダーヘアのデザインもさまざま

上では手入れの方法を紹介しましたが、男性のアンダーヘアはデザインもさまざまあるようです。
逆三角形や長方形、虹型など自分の陰部にあった形が選べれるようです。
思い切って、全部脱毛してしまうのもスッキリしていいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。男性のアンダーヘアの処理方法もさまざまあるようです。
処理する目的が分かっていれば、デザインもそれにあったものを選ぶことができそうです。
正しいアンダーヘアの処理方を心がけて、清潔感のある男性を目指しましょう。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理する方法

アンダーヘアを処理する方法はさまざまなものがありますが、エステや医療機関で脱毛するのは恥ずかしいという人におすすめなのがヒートカッターでの処理です。
アンダーヘアを整えるにはハサミが最も手軽な方法ですが、鋭利な刃物で処理してしまうと断面が尖ってしまい、チクチクしてしまう不快感や下着などから突き出してしまうことなどもあります。
それを防ぐのがヒートカッターで、熱によって毛を焼き切って長さを整えていきます。焼き切ることによって毛先が丸くなるため下着や水着を突き抜けなくなり、チクチク感なども軽減することができます。
処理の方法は簡単ですが、ヒートカッターはメーカーによって使い方は異なるためきちんと説明書を読んだら、カットする部分や長さを決めていきます。電源を入れてヒートカッターが正常に動くことを確認したら、カットしたい毛先を少量つまんだら熱線の通っているトリマーのコーム部分に通してカットしていきます。
カットすることができたら、下着や水着を実際に履いてキレイにカットできているのかを確認します。はみ出るようであればそこもきちんとカットしていきます。
手軽にアンダーヘアを処理することのできる方法ですが、使う場合には信頼できるメーカーの物を購入することが大切です。使い方や注意点などもしっかり説明書を読んで理解をしてから利用します。
まれに、線香を使ってカットする人もいるようですが、大変危険なため行なわないようにします。

愛用者が多い、アンダーヘアヒートカッターを検証

アンダーヘアの処理用アイテム、アンダーヘアヒートカッターをご存知ですか?
用途が用途なだけに、なかなか「私、使ってる!」と公言する人は少ないのですが、長い間売れ続けている隠れたヒット商品です。

人気があると聞けば、気になりますよね。
そこで、ヒートカッターの魅力、使い方についてみていきましょう。

ヒートカッターって?

さまざまなメーカーから発売されているヒートカッターですが、原理はどれも同じです。
アンダーヘアを熱で焼き切って、長さを調整するものです。

コーム型になった先端をヘアにセットし、コームの根元にあるヒーターで焼き切るのが、一般的なタイプです。

熱で焼き切る理由

アンダーヘアは、全身の毛の中でも、かなり太くて硬いですよね。
ハサミやカミソリで処理をして、チクチクと肌に刺さったり、下着からピンと飛び出てしまったり、という経験をした人も多いでしょう。

細い毛先であれば皮膚や下着に刺さることはないのですが、鋭利な刃物で切り落とされた断面は太くて強いので、お肌を傷つけたり、繊維の隙間から飛び出たりしてしまうのです。

ところが、熱で焼き切ると、先端が細く弱くなるので、こうしたトラブルは起こりにくくなります。
でも、お線香やライターを使ってアンダーヘアを焼くのは、危険ですし長さのコントロールが難しいですよね。

そこで、ヘアヒートカッターの出番となります。

ヒートカッターを使った処理の方法

まず、アンダーヘアをどのくらいの長さに調整するかを決めます。
下着や水着を着用してみて、はみ出さない長さを確認してください。

次に、ヘアヒートカッターの電源を入れます。
適温になるまで少し時間がかかりますので、あわてずに待ちましょう。

そして少しずつヘアをつまみ、コーム部分に通します。
一度にたくさん処理をしようとすると、きれいに焼き切れないことがありますので、少量ずつ丁寧にカットしていきましょう。

毛を焼くにおいが出ますので、気になる人はよく換気をしてください。

ヒートカッターを使う際の注意点

さまざまな種類のヒートカッターが出回っていますが、評判やレヴューをチェックし、信頼できるもの、自分が使いやすそうなものを購入しましょう。
値段の安さではなく、品質で選んでくださいね。

熱線が直接お肌に当たらない安全設計のものが多いですが、間違った使い方をすると危険ですので、まずは取り扱い説明書をよく読みましょう。
デリケートゾーンに使われるものですから、正しい使い方をしっかり確認して、事故のないように気をつけてください。

使用する際には、毎回動作確認をし、故障がないかチェックしましょう。
少しでも「おかしいな」と思うことがあれば、使用を中止し、メーカーに問い合わせてください。

焼いてアンダーヘアを処理する方法は、お相撲の世界でも昔から行われている、古典的で有効な手段です。
それをヒートカッターで手軽にできるのは、嬉しいことですよね。

刃物でカットするよりは少し処理時間がかかりますが、処理後の快適さは大違いです。
チクチクが気になる人は、ぜひ使ってみてくださいね。

アンダーヘア脱毛:Vの形をデザインする

アンダーヘアの処理を行う目的とはなんでしょうか。女性にとっては、まず第一に下着からはみ出さないようにする、ということ。さらに小さ目の下着やビキニを着用してオシャレを楽しむためにも必要性が高まります。これらの目的は、美的意識が背景にあります。だからこそ女性は以前から、自宅などでハサミや剃刀を使って手入れにいそしんできたのです。

しかしやはり限界があります。刃物を使うのは危険でもあるし、肌を痛めて黒ずみのもとにもなります。そして周期的に何度も同じ手入れを繰り返す必要があります。美的意識を貫くのもかなり大変になってきます。

一方今日ではアンダーヘアの脱毛処理をプロに任せるという選択肢もあります。光方式やレーザー方式で毛根の黒い部分を照射して脱毛をうがなし、毛母細胞から再発毛の能力を失わせるという方法です。これは女性が従来自分で行ってきたVラインだけではなく、IラインやOラインまで脱毛する事が可能です。Vラインは美的意識と称しましたが、IラインとOラインの場合は、蒸れのイライラ、トイレの後の下着汚れや臭い移りを大幅に軽減させるというメリットがあります。つまり実用的意識の問題を解決してくれるものなのです。

こうしてプロに任せた場合、面白い効果もあります。Vラインを整える事で美的意識をさらに高めることができるのです。アンダーヘアのこの部分の生え方を、逆三角形・丸形・長方形・ハート型・完全な無毛、などを選んで決められる事です。アンダーヘアが濃い人や生えている面積の広い人には、コンプレックスの解消にもなるのではないでしょうか。

アンダーヘア iラインのお手入れってどうしてる?

アンダーヘアの毛が濃いとか、毛が多いなどの悩みを持っている女性は多いのではないでしょうか。
iラインのムダ毛を処理することは、水着を着る時の身だしなみとしてだけでなくIラインの毛がなくなることで、清潔さを保つことができます。
生理のときの蒸れやかぶれから解放される、など衛生面から見てもおすすめです。

iラインって何?

アンダーヘアはⅤライン(ビキニライン)、iライン(女性器の周り)、Oライン(肛門の周り)の3か所に分けられます。
iラインは、粘膜が近く、とてもデリケートなので、その部分のアンダーヘアを処理するには注意が必要です。

みんなどうやって処理しているの?

女性の多くがVラインは処理していると思いますが、Ⅴラインに比べるとiラインやOラインの処理をしている方はまだ少ないようです。
しかし、最近ではすいぶん意識が高くなってきています。
カミソリや電気シェーバーで剃る、ヒートカッターでカット、毛抜きを使って抜く、ワックス脱毛、レーザー脱毛など、方法は様々ですがムダ毛処理をする女性が増えています。

iラインの自己処理には注意が必要

iラインはとてもデリケートなので出来るだけ自己処理は避けた方が良いと思います。
間違った自己処理をしてしまうと、色素沈着や埋没毛、皮膚トラブルの原因にもなります。
自己処理をするのなら、水着や下着からはみ出してしまう部分だけをカットするくらいにしておいた方が良いでしょう。

おすすめの処理方法

おすすめの処理方法は、脱毛サロンでレーザー脱毛処理してもらうのがおすすめです。
そうは言っても、そんなところを人に施術されるという恥ずかしさはありますが、1度やってしまえば、2度と気にしなくて済むのですから、やって損はないと思います。
あとは、痛みが伴いますので覚悟を決めてやりましょう!

または、家庭用脱毛器という手もありますが、自分でやるには、強い気持ちが必要だと思います。
結構痛いので、痛みに弱いと感じている方は避けた方が良いでしょう。

身だしなみという点だけでなく、衛生面からみてもメリットの多いiラインのムダ毛脱毛。
試してみてはいかがでしょうか。

アンダーヘアの手入れ方法と人気の形

アンダーヘアの処理や手入れをどうしていますか?
普段人からは見えない部分だからこそ、他人の事情をなかなか知ることができません。
女性それぞれに好みの形や、処理の方法があると思いますが、
どのように手入れをしたらいいのか分からず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そんな人におすすめの、アンダーヘアの処理の方法、人気の形について、ご紹介していきます。

女性に人気の形、男性に人気の形は!?

アンダーヘアの形で、女性と男性の両方に人気がある形は、逆三角形です。
自然な形でありながら清潔感があり、人気を集めています。
一方最近では、毛を全部無くしてしまうパイパンという形も人気です。
女性はすっきりと肌を清潔に保つことができ、意外にも男性からも好評価です。

アンダーヘアの自己処理方法

好きな形が決まったら、実際の処理を行います。
まず、アンダーヘアにはVライン、Iライン、Oライン、の大きく分けて3箇所があり、
それぞれの部位にあった処理が必要です。

自己処理の場合、Vラインは残したい毛の部分意外を剃毛するか、脱毛を行います。
毛を抜く場合は、Vラインの毛はとても太いので勢いよく抜くと皮膚を傷つけてしまうので、
丁寧に抜くのがポイントです。

IラインとOラインは自分では見えにくい場所です。
まだ肌が薄く、粘膜も近くにあり傷つけやすい場所でもあるので、十分に注意が必要です。
自己処理の場合は肌への負担が少ない、剃毛のほうがおすすめです。

いずれの部位も完全に毛を無くしてしまいたい場合は、
ブラジリアンワックスを使うのもおすすめの方法です。

サロンでアンダーヘアを脱毛

アンダーヘアを綺麗に脱毛したいなら、サロンでの脱毛がおすすめです。
事前に脱毛したい部位を剃毛し、残したい毛は5ミリ程度にカットして残しておきます。
脱毛サロンでは希望の形通りにアンダーヘアの脱毛を行ってくれます。

自己処理に比べて、サロンの光脱毛の場合、痛みはほとんどありません。
時々チクっとする痛みがたまにある程度です。
サロンでのアンダーヘアの脱毛には2年前後かかりますが、
サロンで一度脱毛をすれば、毎日のお手入れもとても簡単になります。

いかがでしたか?アンダーヘアで悩んでいる方は、
ぜひ参考にしてみてください。

アンダーヘアの手入れはブラジリアンワックスがベスト!サロンケアとセルフケアの併用で、お得に美しく!

華奢で可愛い下着を履きたい!そんな思いからアンダーヘアのケアをすることに

人よりも少し濃いめで量も多いので、昔からずっと気になっていたアンダーヘアのケアー。
でも、みんなはどうしているの?なんてなかなか聞けるものではないですし、自分なりにカミソリで周りだけ処理をしたりしてなんとかしてきました。
アンダーヘアを気にせずに華奢で小さな可愛い下着を着てみたいなあという思いがずっとあり、思い切って本格的なお手入れをしてみることにしました。

ネットで発見したブラジリアンワックス。いざサロンデビューへ!

ネットでいろいろ調べてみると、今はアンダーヘア専門のブラジリアンワックスを使ったケアサロンがあるようです。
ブラジリアンワックスは家で自分でもできるようなのですが肌が弱い場所ですよね。
そこでまずは最初プロに一度やってもらって、自分でなんとかなりそうだったらワックスを買ってみようかなと考えました。

痛みはあるのだろうか、終わった後荒れてきたらどうしよう。
それに場所が場所だけに、何かとても行けないことをするような気分…。
そんな思いを抱えながら、勇気を出してサロンのドアをノック!

ブラジリアンワックスのサロンはても綺麗でオシャレな美容室のようでした。
そして技術的にも素晴らしく、まったく痛くなくてびっくり!あっという間に終了しました。
その後かぶれたりもしませんでしたしもっと早くやっておけばよかった!と後悔したほどです。

ただ問題は一点、値段が少し高めなこと。
V.I.O全部やってもらうと5000円以上はいきますね。

あの爽快感をもう一度!今度はセルフで挑戦

サロンでスッキリそして満足したものの、永久脱毛ではないので2、3ヶ月後には生えてきて元どおりに近い形になります。
一度あの爽快感を味わったらまたやりたくなってしまいました。
でもまた5000円近く出すのも惜しいなあと思った私は、インターネットでそのサロンが出しているブラジリアンワックスセットを購入してみることに!

ブラジリアンワックスに必要なもの全てが入って4000円強だったでしょうか。
それでだいたい5、6回分くらいは使えるようなので、サロンに行くよりもお得です。

意外にも!?すんなりとセルフも大成功!!

水着を着る季節でもなかったので、とりあえず自分から見える範囲のVラインを試してみることに。
準備とかが大変そうだなあと思いましたが、意外や意外、思ったよりも面倒ではありませんでした。
サロンでは痛みを感じなかったけど、あれは施術者の腕がよかったからかもしれない、痛くて悶絶したらどうしようと不安でした。

思い切ってやってみたところ、まったく痛くなくて…。
わたしやるじゃん!と乗り気になり、そこから小一時間、アンダーヘアの処理にハマってしまいました!!
Vラインはだいぶスッキリしましたが、それでもまだワックスは7割以上残ったままです!

これならばまた生えてきたとしても、コスパ的にも安くVラインの処理ができますね。
水着を着る季節になったら、I,Oラインだけはサロンに行ってやってもらおうと思います。
一度サロンに行くと2、3ヶ月はもちますので、一年に一度夏前に行けばいいだけなので、お財布にも優しいですね。

ブラジリアンワックスは、サロンとセルフかしこく利用するのがよし!

このように私は、ブラジリアンワックスを使って、サロンとセルフケアの併用でアンダーケアの処理をしています。
ブラジリアンワックスはセルフでもとっても簡単!
でもコツを掴むためも、まずは一度サロンに行くべきだと思いますよ!

アンダーヘアを剃る際に注意したい2つのこと!

アンダーヘアの処理

自分でアンダーヘアを処理している方はメリットとデメリットを把握して施術をする必要があります。
メリットは、手軽で簡単に自分の好みの状態にできることのみ。
あとは金額が安く済むのでコストの面でお得です。

その一方でデメリットは、角質をきずつけてしまうということです。
アンダーヘアは特に体の中でも敏感な部位です。
かみそりなど鋭利なもので注意はしていてもついつい角質を傷つけてしまうことが素人には起こりえます。

また、自己処理をしても毛周期に何の影響もあたえないことから発毛スピードは変わりません。
たちまちもと状態に戻ってしまうでしょう。
また、何度も傷をつけてしまうと色素沈着して黒ずみもできる可能性があります。

1つ目のポイントとしては自己処理をするのはリスクが大きいということを理解することです。
お金がないばあは致し方ありませんが、できれば施術を脱毛サロンで受けるほうがよいでしょう。
金額も1万円あれば十分せじゅつをうけることができます。

脱毛クリームの使用

脱毛をする際にお肌を気をつけておくために脱毛クリームを使用するという意見もあります。
もちろんクリームを貼付するだけというお手軽感と処理のしやすさが魅力です。
ただ、脱毛クリームには薬剤が使用されていることがネックです。

自分でかみそりやシェーバーを使用する場合は、石鹸などを使用して抵抗を少なくすることも可能です。
しかし、脱毛クリームは薬剤をお肌に貼付するので長期間使用すると肌トラ売るを引き起こす可能性もあります。
そのため、脱毛クリームを使用するのであればかみそりで注意をしながら処理をするほうが良いでしょう。

お金をかけて行う場合においても、ちゅういしなければいけないことが多々ある脱毛。
正しアンダーヘアの処理に対する知識をつけたうえでの判断は重要です。
知らず知らずのうちに色素沈着や肌トラブルがあってはもともこもありません。

気付いたときにはすでに後の祭りとならないようにしましょう。
アンダーヘアは特に人目に触れにくいからこそいざというときに恥ずかしい思いをしないようにしましょう。